サイトマップ

印刷

教育目標・指導の重点

1 教 育 目 標

(1) 学校の教育目標
  ア 学問を愛し、知性を高める。
  イ 体力の向上に努め、健全な心身を養う。
  ウ 人権を尊重し、協調及び互助の精神を養う。
  エ 地域理解を進め、国際的視野に立って社会に貢献する人間の育成を図る。

(2) 学校の教育目標を達成するための基本方針
  ア 授業を充実させ、自主的に学習する態度を育む。
  イ 学習活動及び部活動を通し、心身を鍛え、体力を向上させ、困難にもくじけない不屈の精神を養う。
  ウ 生徒の自治活動を活発にし、自主自立の精神を育む。
  エ 進路指導を一層充実させ、進路実績の向上を図る。
  オ 校内研修を活性化させ、授業力を高め合い、共通理解のもと一丸となって課題解決に当たる。
 

2 指 導 の 重 点

 (1) 各教科・科目の指導
 ・学習意欲を高め、学習態度の向上・確立を図り、自ら考え自ら学ぶ力を身に付けさせ、応用力、創造力の育成を図る授業を展開する。
 ・基礎・基本的学力の定着化のため、日々の家庭学習時間を確保し、こつこつと反復練習させるとともに補習や講習で支援し、学力を向上させ、自己実現を図る。
 (1) 学力向上のため長期休業期間、放課後、週休日等の補習や講習を計画的に推進する。
 (2) 教育活動のあらゆる場面で言語活動の充実を図り、知的好奇心を育む。
 (3) 全教員で相互の授業見学を2回以上実施する。また、生徒の授業評価を活用し授業力向上のための研修会を実施する。
 (4) 新入学生には、図書館オリエンテーションを実施し、全学年には読書週間等を設け、読書活動を推進する。
 (5) 体力テストを実施し、生徒の体力の実態把握を行い、体育の授業、体育祭・マラソン大会・球技大会等の学校行事及び部活動等のあらゆる機会を通じて、生徒の体力の向上に努める。
 (6) ICT機器等の活用により学習効果の向上を図る。
 (7) 道徳教育は、全校体制で全教職員協力の下で実施する。また、学校行事、部活動、ホームルーム、授業等のあらゆる機会をとらえて計画的に実施する。
 (8) 教科「人間と社会」を計画的に実施し、環境・福祉・地域活性などの分野で地域に貢献し、奉仕する心の育成を図る。
 (9) 地域と連携した防災教育や「宿泊防災訓練」などを通じて実践的な防災教育を推進する。

(2) 特別活動の指導
 学習指導要領に則り、生徒の主体的な活動意欲を高め、ホームルーム活動や部活動の充実を図る。
 (1) 部活動を積極的に推進し、加入率90%以上を維持し、部活動を通して規範意識の徹底とメンタル面での指導及び育成を図り、調和のとれた豊かな人間性をもつ生徒を育成する。
 (2) 環境整備に努め、校内及び周辺地域の清掃美化を徹底する。
 (3) 生徒会及び委員会の自主的自治的活動を活発にし、地域活動に貢献する。

(3)生 活 指 導
 自立した態度の涵養に努め、自分の行動に責任を持てるように導く。
 (1) 家庭と連携し、生徒部、学年等組織的な指導を繰り返して遅刻指導や本校の生徒としての品位ある身だしなみやマナーの指導の徹底を図る。
 (2) 自転車通学時における交通ルールやマナーの遵守の指導など安全教育の充実を図る。
 (3) 携帯電話等情報機器の使用に際して、自他の個人情報の保護や人権尊重についての指導を徹底する。
 (4) 時間を守らせるために「チャイム着席」を実施する
 (5) 薬物乱用防止教育の充実を図る。

(4)進 路 指 導
 キャリア教育の上に立ち、主体的に進路が選択できる能力を高めるために、進路指導部と学年を中心に、3年間を通した組織的、計画的、系統的な進路指導を行い、上級学校への進学実績の向上を目指す。
 (1) 生徒の自己実現を図るため、生徒の能力や個性に応じた進路指導を学年2回以上の個人面談や三者面談を徹底する。
 (2) 進路志望の実現を目指し1学年から進路ガイダンス等進路選択の指導を系統的に行う。

(5)総合的な学習の時間
 (1) 1学年では「人間と社会」を置き、キャリア教育、道徳及び奉仕活動の理念と意義を理解させ、社会貢献を適切に行う能力と態度を育てる。
 (2) 2学年では「総合」を置き、生きる力を育むために修学旅行などを題材に生徒の興味・関心に応じた課題を設定し、豊かな教養を身に付けさせ、問題解決能力の向上を図る。
 (3) 3学年では「総合」を置き、生きる力を育むために生徒の進路に応じた課題・領域に自主的に取り組ませる。
 
〒146-0085 東京都大田区久が原1丁目14番1号
電話 : 03-3753-0115 ファクシミリ : 03-3754-7871
アクセス