サイトマップ

印刷

校章の由来・校歌

校章の由来 

 雪の結晶をかたどった本校の校章は、制帽・制服とともに、昭和25年(1950)に制定されました。
 この校章は、当時の生徒及び教職員から広く募集されたもので原作者は、三期生の岡田一利ら複数の生徒でした。
 最終選考では、雪の結晶をデザインした作品が6点に絞られ、生徒・教職員合同の制定委員会が現在のものに決定しました。
 校章が制定された昭和25年には、クラス対抗形式の駅伝競走が開始され、その際、選手が着用したランニングシャツのマークや記念バッチにも、この新しい校章が使われました。以後多くの生徒、教職員に愛されています。




東京都立雪谷高等学校 校歌
                        作詞 工藤 武富 先生
                        作曲 玉井 光廣 先生

1. 武蔵野の雪澄むはたて  青空に 青空に
   そびゆる富士の嶺望みつつ
   理想に燃ゆる若人の  築く誠にゆるぎなし
   心と心 輪となりて  この世に光まねかなん
      雪谷 雪谷 われらの母校
      その名とつねに清くあれ

2.  わだつみの潮鳴るきわみ 青葉燃ゆ 青葉燃ゆ
   多摩の岡辺に集いつつ
   真理に照らし培える 知恵の二葉の輝かし
   若き日の血に 汗たりて 人の上に幸もたらさん
      雪谷 雪谷 われらの母校
      その名とつねに新たなれ

3. 明け渡る都の南 久が原に 久が原に
   秀ずる伝統仰ぎつつ
   寄せくる文化の波幾重 統べる日本の使命承く
   友いざともに 学びつぎ 行く手に希望の火をあげん
      雪谷 雪谷 われらの母校
      その名とつねに栄あれ
〒146-0085 東京都大田区久が原1丁目14番1号
電話 : 03-3753-0115 ファクシミリ : 03-3754-7871
アクセス